My most recent artwork was breaking new ground for me in several ways. It’s the largest work I’ve made so far, it’s the first time I’ve dyed predominantly black birds and it’s visually different from my previous pieces.

一番最近の作品は幾つかの理由で私には斬新でした。今までに作った物で一番大きいし、ほとんど黒の鳥を染めるのが始めてだし、デザイン的には前の作品とちょっと違う感じでした。

Let me show you the final piece and then I’ll tell you a bit more about it. 
作品を見せてから作品の話しをさせていただきます。
Here it is on show last week at Gallery Fleur in Kyoto Seika University, as part of an exhibition held by 1st year Master’s students of the Art & Design Graduate Schools. 
これは、先週行われていた「京都精華大学大学院一年生展」に展示していた様子です。
“Fragmentation: Red-tailed Black Cockatoos” 2014. katazome and yuzen resist techniques on linen. 6 panels of 60x180cm. 「分解化・赤尾黒鸚鵡」 型染、友禅、他。麻地6枚。
This work as displayed at the 1st Year’s Masters Exhibition last week. To the left you see the work of my Textiles classmate Kiko Takahashi and in front is the work of Endo Ryotaro. 「大学院1年生展」での展示。左側に同級生の染織専攻高橋紀子の作品です。前景に、陶芸専攻の遠藤良太郎の作品です。
One thing I felt from my last exhibited works at Rissei Elementary School was that they would have had more impact if they were bigger. It always feels as if the work is enormous when you are making it, thanks in part to the detail involved, and the way you have to reach and use your body but then you display it on a wall and realize with dismay that it’s actually not that big. 
11月元・立成小学校で作品を展示した時に気づいたのが、j作っているところは大きく感じるが、やっと壁にかけて、離れて見るとがっかりするぐらい小さくみえることでした。
when you are working on it in 6 pieces (only 4 visible here) the work feels enormous! こういう風に6枚に分けたら(ここで4枚しか見えないけど)、作品がものすごく大きく感じるんですね!

So I tried going bigger this time and in the end the work cam out to be 180cm tall by 360cm wide. Because of fabric width limitations and also because I enjoy the movement of fabric in spaces, the work is made up of 6 free hanging panels of a lightweight natural-coloured linen fabric. 

というわけで、今回の作品は横360センチかく縦180センチです。使いたっかった生地の幅や、空気に揺れる生地の感じが好きということで、60センチ幅の麻地を6枚合わせた作品です。

see the way the design is split over a set of panels. Japanese viewers are used to this format thanks to folding screens and noren split curtains. こんな感じでデザインが何枚かに流れています。日本では屏風やのれんなどに見える方法です。
In my work to date, I have been exploring depicting birds in flight and trying to give a sense of movement. This time I attempted to add to that effect with a grid of diagonal lines in the background. This background fades out slowly towards the left side. 
今までの作品では、動き感や時間の流れを感じさせるように、飛んでいる鳥をよく染めます。ここでそれをより深く感じるために、背景に斜線でできているグリッドを入れてみました。鳥の方向に沿って、背景の色はだんだん薄くなっていきます。
飛んでいる鳥の表情が一番好きです。I like the expressions and shapes of birds in flight the best
I titled the work “fragmentation: Red-tailed Black Cockatoos” (I don’t much like titling work, it can sound so arrogant) because the south-eastern strain (Calyptorhynchus banksii graptogyne) of the Red-tailed black cockatoo is now endangered and this is in part due to deforestation and fragmentation of eucalyptus habitat. As at 2013, less than 1200 birds were counted by volunteers in South Eastern Australia. See this website for more information. 
タイトルというと(本当はタイトルを付けるのがあんまり好きじゃないけど) 
「分解化・赤尾黒鸚鵡」なんです。アカオクロオウム属では、5種類がいます。オーストラリアの東南に生きる種類(Calyptorhynchus banksii graptogyne)は絶滅危惧種になっています。2013年、ボランティアによる調査でオーストラリアの東南に1200以下の鳥が数えられました。
In terms of technique, this time I combined hand drawn yuzen resist (the cockatoos), katazome stencil resist (the Eucalyptus leaves silhouettes in the background) and dyeing directly on the fabric with the help of some clever masking.  
技法については、この作品に三つの染め方が混ぜ合わせています。オウムは友禅でそめていて、背景の葉っぱが型染めのもので、幾何学的な背景はマスキングしながら直接染めた所です。

The birds are dyed with the thin resist lines of yuzen and the leaves and gumnuts in the background were applied with a hand-cut stencil – katazome. オウムは友禅の細い線で染めました。背景にある葉っぱや実は型染のしゃっきりとした線で表現したかったです。
here you can see the soft gradients I dyed in the background, using slightly thickened dye, a big soft brush and lots of masking tape. ぼかしのところをテープと染料と糊剤と丸刷毛で染めました。

I had some good feedback on this piece at last week’s exhibition and I’m happy with the direction this artwork is taking me in. 
6枚の生地をバラバラにして作業しましたから、展示した時は自分で始めて見ている気持ちでした。お客様や先生ににいいコメントをもらいました。自分の中でも、この作品が向かっている方向が好きで、次のステップをワクワクしています。

My work in Gallery Fleur alongside work by 1st year Master in the Japanese Painting Department, Hiroko Kanayama. ギャラリーフロールで日本画専攻の金山ひろこの隣でした。

Already turning the mental cogs about the next big piece and I’m thinking FLOCKS! Big swarming flocks of parrots! Very exciting. Stay tuned 🙂
次に大きい作品を作るときのアイデアはもうあふれています。「群」について考え中です!インコの鮮やかなでっかい群!いいでしょう?楽しみにしてください☆